金谷ってどんなとこ?現地でいなフリを受講するメリット・デメリットを解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ぐちを

こんにちは、場所にとらわれない働き方を実践している複業ノマドワーカーのぐちを(@guchiwo583)です。

悩んでる人

いなフリ拠点の金谷が気になってるんですが、どんなところですか?

金谷でのいなフリ受講を検討しているので、詳しく知りたいです。

こんな疑問にお答えしていきます。

本記事を読むメリット
  • 金谷(千葉県富津市)がどんな場所か詳しく分かる
  • いなフリを金谷で受講するメリット・デメリットが分かる

この記事を書いている僕は、2021年2月に行われた金谷32期でメンターとライティング講師の経験があり、金谷にはトータル3ヶ月以上の在住経験があります(2021年4月時点)。

そんな金谷にちょっと詳しい僕が、これから金谷のいなフリを受講を検討されている人向けに事前に知っておきたいことを解説して行くので、ぜひ参考にしてみてください!

▼いなフリの詳細はこちらの記事をチェック

あわせて読みたい
いなフリを受講するメリットと失敗しない方法を現役メンター講師が解説します【ワークキャリア・田舎フ...
いなフリを受講するメリットと失敗しない方法を現役メンター講師が解説します【ワークキャリア・田舎フ...いなフリが気になってます。受講するメリットやどんな人におすすめなのか知りたいです。こんな疑問にお答えしていきます。本記事を読むメリットいなフリの最新情報が分...
目次

いなフリの拠点「金谷」とは?

金谷の景色

金谷は、千葉県富津市の最南端に位置する町です。

三浦半島の久里浜からフェリーでアクセスできるので、南房総の玄関口としても知られています。

▼金谷の場所

金谷へのアクセス
  • 鉄道:東京駅から浜金谷駅まで、JRで約2時間
  • フェリー:久里浜港から金谷港まで、東京湾フェリーで約40分
  • 車:富津館山道路富津金谷ICから車で5分
ぐちを

静岡県にも同名の地名があり、以前いなフリの受講生で間違えて静岡県の金谷に行ってしまった方がいるので、ご注意くださいw

そんな千葉県富津市の金谷の特徴は以下の通り。

海あり山ありのこじんまりした田舎の観光地

金谷は非常にこじんまりした田舎の町ですが、海(東京湾)と山(鋸山)の両方を狭い範囲内で楽しむことができます。

なので、海好き・山好き双方におすすめの環境です。

西向きに海があるので、夕陽の時間帯は特に綺麗です(後述

東京湾を往来するコンテナ船や、晴れている日は遠くに富士山を拝むこともできます。

ぐちを

海浜公園やちょっとしたビーチ、港もあるので、海沿いを散歩すると楽しいですよ。

一方、山は日本寺や地獄のぞきで有名な鋸山があります。

石材の産地としての歴史を感じられますし、標高約330メートルと高い山ではないので、ちょっとしたトレッキングにおすすめです。

鋸山の地獄のぞき

▼鋸山の様子がわかるツイート

車と電車の他にフェリーでもアクセス可能

金谷は辺鄙な場所にある田舎ですが、交通に関しては割と便利で、東京から概ね2時間ほどでアクセスできます。

金谷へのアクセス
  • 鉄道:東京駅から浜金谷駅まで、JRで約2時間
  • フェリー:久里浜港から金谷港まで、東京湾フェリーで約40分
  • 車:富津館山道路富津金谷ICから車で5分

鉄道に関して

JR浜金谷駅

鉄道は東京からの場合、総武線で千葉駅まで行き、千葉駅から内房線に乗り継ぎをします。

木更津の1つ先の君津までは直通列車もありますが、その先は乗り換えが確実に必要で、君津以南は列車の本数が激減するので注意が必要です。

ちなみに、土休日は特急列車の新宿さざなみも走っているので、これに乗ると新宿から1本で金谷に行くことも可能です。

フェリーに関して

久里浜港からフェリーで金谷に行く際は、京急久里浜駅が最寄りです。

ただし、駅から港までは歩くと30分以上かかるので、バスを利用するのがおすすめ。

バスは基本フェリーの時間に合わせて便があり、駅前の2番乗り場バス停から

・東京湾フェリー行き
・野比海岸行き

に乗車すればOKです。

車に関して

東京から車で金谷にアクセスする場合、アクアラインと高速道路を使えば基本1時間〜2時間以内です。

ただし、休日のアクアラインはよく混雑するので、注意が必要ですね。

バスに関して

東京から館山へ行くバスはあるものの、途中金谷に停車するバスは残念ながらありません。

バスの場合は、

・新宿
・品川
・川崎

などからアクアラインを通って木更津まで行き、そこからは電車を利用する必要があります。

いなフリの原点でもある

いなフリの様子(金谷32期)

そんな意外と都心からのアクセスが便利な金谷は、いなフリ(田舎フリーランス養成講座)の原点となる町でもあり、2016年に金谷で初めて開催されたところからいなフリはスタートしました。

5年経った今では述べ30回以上も開催されていて、受講生の中にはその後定住する人も多く、総移住者は軽く100人を超えています。

人口1,000人程度の金谷に若いフリーランスが何人も移住してきているので、その様から金谷はたびたび「フリーランスの聖地」と呼ばれることもあります。

ぐちを

同じ千葉県のいすみや山梨県の都留など、金谷の後にいなフリ拠点がいくつか誕生してますが、やはり「いなフリといえば金谷」という認識が今でも割と強いです。

ちょっと古い記事で現在の金谷とは若干異なるところもありますが、以下の記事も参考になります。

金谷の良いところ

ここからは、住んでみて分かった金谷の良いところを紹介します!

田舎なのに徒歩で生活が完結する

金谷はコンパクトな田舎町なので、徒歩で生活が完結します。

・駅
・フェリー乗り場
・コワーキングスペース
・商店
・コンビニ
・レストランや定食屋
・カフェ

が全て徒歩圏内です。

欲を言えばスーパーやドラッグストアも欲しいところですが、必要最低限の暮らしであれば車無しでの生活も可能です。

海鮮とコーヒーが激ウマ

金谷は海沿いの町なので、魚介類がとても美味しいです。

特に、サバくらいの大きさで脂もしっかりのった「黄金アジ」は金谷の名物。

さすけ食堂やはまべなど、有名なアジフライのお店もあります。

また、コーヒーも激ウマなんですよね。

カフェ・エドモンズ香豆珈琲はどちらも店主のコーヒーに対するこだわりが感じられるカフェです。

金谷のグルメについては、写真家のヒロタケンジさんの記事がとても参考になります。

夕陽が綺麗すぎる

金谷の夕陽

金谷の海から眺める東京湾に沈む夕陽は至高そのもの。

天気の良い日は富士山を見ることもできます。

あまりにも夕陽が綺麗なので、金谷のいなフリではたびたび夕焼けを見にいく夕陽部が結成されるくらい。

また徒歩だと遠いですが、海辺の湯という温泉施設もあり、夕陽を眺めながら露天風呂に入る最高の一時も味わえます。

金谷の良くないところ

一方で、金谷の良くないところは以下の通り。

買い物できる場所が少ない

金谷の街並み

金谷は悪く言うとコンパクトすぎて何もない田舎なので、生活必需品を購入できる場所が少ないです。

特に

・大きめのスーパー
・ドラッグストア

が徒歩圏内にないのがいただけないですね。

あるのはセブンイレブンと日曜定休で夜7時に閉まる「太田屋」という商店くらいで、結構不便です(不便な中でやりくりするのもそれはそれで田舎っぽくて楽しいですが)。

徒歩で生活は一応成り立ちますが、QOLを高めたいならやはり車は必須ですね。

風が強く、よく電車やフェリーが止まる

房総半島特有の強風によって、よく電車(内房線)やフェリーが止まります。

あとここ最近は異常気象で台風が異様に強くなっているので、これからの夏もちょっと心配です。

2019年の台風15号で南房総全域が被災したのは記憶に新しいですね。

金谷も家の屋根が飛ばされたりしました。

夏は虫が多い

まあ田舎なので言うまでもないことですが、夏は虫が多いです(あと結構デカい)。

虫が苦手な人は、夏の金谷は避けたほうが良いですね。

イノシシによく遭遇する

虫以外だと、イノシシにもよく遭遇します。

こちらは夏冬関係なく1年中見かけます。

幸い人的な被害は聞いたことがないですが、金谷の狭い路地を嘴平伊之助のごとくフガフガ鼻息たてながら猪突猛進している姿はなかなかに恐怖です。

金谷に住んでる人はみんな慣れてますけどね笑

▼参考ツイート

ただ、最近はそんなに見かけなくなりました。

捕獲されちゃったのかな。

いなフリを金谷で受講するメリット

続いて、これからいなフリの受講を検討されている人向けに、金谷開催のいなフリを選ぶメリットを解説します。

コワーキングスペースが広く、個室もある

コワーキングスペースまるも

金谷のコワーキングスペースは「まるも」という名前で、他のいなフリ拠点のコワーキングスペースと比べると、施設が広くて利用しやすいのが特徴です。

建物は古めですが、

・集中スペース
・2ヶ所の個室
・キッチン
・本棚

なども備わっているので、作業場としての環境は抜群ですよ。

▼コワーキングスペースまるもの場所

外部からいろんな人が来る

また金谷はワークキャリアCMOの池ちゃんが普段いることもあって、他のいなフリ拠点と比べて外部からの来訪者が多いのも特徴です。

たまに実績あるフリーランスや経営者の方も来たりするので、いろんな人に会うことができます。

いなフリ受講中も、もしかしたらスゴい人が来てくれるかもしれませんね。

ガストが徒歩圏内

ガスト浜金谷店

田舎なのに奇跡的にガストがあって、徒歩圏内なのも魅力です。

ガストは安いのに全席に電源があって無料WiFiも利用できるので、作業場として利用することも可能。

いなフリ受講中も、「作業場の環境をちょっと変えたいな…」と思う場面があるかと思いますが、そうした際にも候補の1つとしておすすめです。

ぐちを

僕もガチで仕事するときはよくガストに行ってます!

なんならこのいなフリの記事もガストで書いてました笑

休日は海や山でリフレッシュ可能、

いなフリ受講中は土日が休みになりますが、海と山が身近にあって気軽にリフレッシュしに行ける環境なのは素晴らしいですね。

受講生みんなで休日に鋸山の登山に行くのは、金谷のいなフリの恒例行事となってます。

あとはちょっと遠出して木更津館山に遊びに行く人もいたりします。

フェリーで久里浜にすぐ行けるので、横須賀や三浦への観光にも実は出やすいですね。

ここ最近やたら料理人のレベルが高い

実はここ最近になって金谷には料理人が3人も移住してきたので、食事のクオリティーが爆上がりしてます。

3人とも

・オカンの味が得意
・エスニック系が得意
・フレンチが得意

とそれぞれ個性が違ってうまく共存しているところも面白いです。

まあおかげでエンゲル係数が多少なりと上がってはいるんですが、言うても1食500円程度と、東京で外食するよりは遥かに安く美味しいご飯が楽しめちゃいます。

金谷のいなフリは彼らが料理人として入ってくれる機会が多いので、ご飯に関しては申し分ないです。

いなフリを金谷で受講するデメリット

金谷のいなフリを受講するデメリットはこんな感じですね。

コワーキングスペースが暗い & 土足

他のいなフリ拠点のコワーキングスペースと比較すると、

・証明がちょっと暗い
・土足
・トイレにウォシュレットが無い

といったところが微妙な点です。

この辺りが気になる方は、いすみや都留をおすすめします。

金谷の住居事情

金谷のシェアハウス(例)

金谷の住居事情に関しては以下の通り。

・コワーキングスペースの2階の居住スペースあり
・離れにシェアハウスが5軒ほど
・新築のアパートも1軒あり

毎月の家賃はシェアハウスだと基本的にどこも4万円前後ですが、車庫でテント暮らしすると3万円以下で住める場所もあります。

アパートだけ家賃はちょっと高く、1人部屋で6万円弱します。

いずれにせよ数も種類も豊富なので、いなフリ受講後は気軽に移住もできますよ。

まとめ:金谷のいなフリはスキルアップと田舎ならではのアクティビティを両立したい人におすすめ

コワーキングスペースまるも

以上、いなフリ拠点の1つである金谷の良いところや悪いところ、金谷のいなフリを受講するメリット・デメリットを解説しました。

金谷はいなフリ拠点の中でも1番の田舎ですが、交通の便がかなり良く、海・山の両方の自然を楽しめるのが特徴。

コワーキングスペースも広いので、作業環境も悪くないです。

なので、スキルアップに励むのと田舎ならではのアクティビティを楽しむのを両立させたい人に、金谷のいなフリ受講はおすすめと言えます。

もしこの記事を読んで「金谷のいなフリが1番自分に合ってそう!」と思った人は、現地でのいなフリ受講を検討してみてください。

ぐちを

「この記事が参考になった!」という人はSNSでシェアしてもらえると大変嬉しいです!

Twitterなら、リツイートもさせていただきますね!

あわせて読みたい
いなフリを受講するメリットと失敗しない方法を現役メンター講師が解説します【ワークキャリア・田舎フ...
いなフリを受講するメリットと失敗しない方法を現役メンター講師が解説します【ワークキャリア・田舎フ...いなフリが気になってます。受講するメリットやどんな人におすすめなのか知りたいです。こんな疑問にお答えしていきます。本記事を読むメリットいなフリの最新情報が分...
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ノマドワーカーとして場所にとらわれない働き方を実践しているぐちをです。ブロガー・YouTuber・Webライター・フォトグラファーなど様々なビジネスを同時並行的に行っている複業家。

目次
閉じる